« いいなぁ・・。 | トップページ | 日記が »

2006年8月 2日 (水)

本当に久しぶりに

父を思い出していっぱい泣きました。

きっかけは今日借りてきた Luther Vandross の「Dance with my father」。

Lutherのお父さんは彼が幼い頃に亡くなったのですが、彼ががそのお父さんを思って「もう一度、あなたと踊りたい」と少しもの悲しげなメロディにのせて歌っている曲です。

高校時代の友達でも、知らない人結構いると思いますが、私の父は私の高校入学の数日前に亡くなってしまいました。

父に初めて高校の制服姿を見せるのが、父本人の葬式になるなんて。

自分では普通にしていたつもりが、本当はテンパっていたのか、高校の入学式の日には、提出しなければならない書類全部と、挙句の果てには上履きまで忘れていきました。

父の存在は本当に大きかった。

ひどく厳しい人で、ただピアノだの水泳だの習い事を始めるにも、すぐ反対。私がスイミングスクールで、父の迎えを待っているつもりが、私が友達とおしゃべりに夢中になりすぎて、父が反対に待っている事に気付かず、やっと父の存在に気付いて走っていくと、小さい女の子なのに結構本気で拳骨で頭をゴツッとやったり。

でも、一生懸命にやる事は本当に応援してくれました。最初はものすごく反対した水泳は、毎週のようにある大会にはいっつも来て、ビデオまでとり、家に帰ったらそれを見てどこが悪かったか反省会。終いには水泳雑誌を毎月購読するぐらいの熱心ぶり。私のモチベーションが低いときは、それを誰よりも鋭く見抜き、厳しく指摘しました。

その時はそれが当たり前のように思っていたし、むしろうっとうしいくらいに思っていたけれど、今はいつも一緒にいてくれて、それはすごいことだったんだなぁって思います。

でも、その時は本当に当たり前のことにしか思えなくて、感謝の気持ちなんてあんまりなかった。

特に中三の最後の頃は反抗期で、水泳に対するモチベーションも低く、話せばすぐ対立するので父とはほとんど話しませんでした。

でも、そんな中でも、父は本当に私のことを考えてくれていたみたいです。母から後からいっぱいそのときの話を聞きました。

そんなうち、私もやっと水泳に対するモチベーションが少しあがってきて、筋トレに通いだしました。そして、筋トレから帰ってきたある日、父は風呂場で倒れていました。そして、よくなる事もなく、しばらくして亡くなりました。

なんで、こんなとき死ぬの?

なんで、ちゃんと頑張ってる姿を見せられないうちに、お父さん死んじゃったの?

ありがとうなんて簡単な一言、言えなかった。

むしろ、ひどい言葉を浴びせてしまったときもあった。

ごめんなさいすら言えないの?

なんで、お父さんのあたしに対する気持ち、後からお母さんから知らなくちゃいけないの?

お父さんが直接あたしに言ってよ。

ねぇ、お父さん、私がおかしなことをやったら怒りに来てくれる?

本気でそう思って、お父さんが怒りそうな事をやったりしました。

でも、母は怒るけど、お父さんは怒ってくれない。

なんでよ。前はうっとうしいくらいに怒ったのに、なんで何も言わないんだよ。

ばかやろう。

いや、なんにもお父さんに気持ちを伝えられなかったわたしがおおばかやろうだよ。

そんな事、父の死後しばらく思ってました。

あれから、3年と4ヶ月。

久しぶりに、父親に対するそういう気持ちが思い出されて、どうしようもなく涙が出ました。

これを読んでいる人で、まだご両親がご健在の人は、どうか、感謝の気持ちは言葉に出して伝えてください。

そして、お子さんをお持ちの方は、愛しているといってやってください。子供は、それをきっかけに、自分の気持ちを言ってくれるかもしれません。

そうしないと、私みたいに後悔します。

伝えられるうちに伝えて、伝えられてください。あなたが愛し、愛される事を確認してください。

いくら願っても、どちらかが急に死んでしまったりしたら、心を通わせる事はできません。

心を通わせられるときに、十分に通わせてください。

ぜったい、後悔はしないように。

|

« いいなぁ・・。 | トップページ | 日記が »

コメント

そうだったんだ。。
高校の入学・卒業、そして成人式の晴れ姿見せてあげたかったね!!

俺も感謝の気持ち言葉にしたことないなぁ。
その人の大切さっていなくなってからわかるんだよね!!

投稿: 旋風 | 2006年8月 2日 (水) 11時33分

そんなあなたに・・・
「君の寝顔に恥じないようなパパになれたらいいな
 君が笑顔で居られるようなパパになれたらいいな
 君の望む全てのこと全てさせてあげたいな
 そして君の口から流れるような歌をパパは歌いたい

~中略~

 時計の音で起きないように
 風吹く音で起きないように
 ため息なんかで起こさぬように
 笑い声で起こせるように
 Oh Blind Love Blind Love」
             ブラザートム「Blind Love」より
差し出がましいようだけど、書かずにはおれなかったので・・・

投稿: HeatBe-Bop | 2006年8月 2日 (水) 14時22分

>>旋風
ありがとう!!うん、せめて精神的に自立していく様を見せてあげたかったなぁって・・。まだ自立してないから、こう言うのも変なんだけど・・・。
いってあげてね!!あたしは前も日記に書いたほどお母さんとはめっちゃ仲悪いんだけど、感謝の気持ちだけはあの後伝えたよ。
失う前に気付いてね!!

投稿: Mr.歌姫 | 2006年8月 2日 (水) 23時00分

>>HeatBe-Bop
差し出がましいなんていわないでおくれ!!
詞に思わず泣かされてしまった・・。
特に、『そして君の口から流れるような歌をパパは歌いたい』ってところに、すごくジーンときた・・。
うちの父はシラフではあんまり歌わない人だったけど、いい音楽を聞かせてくれたなぁ、って思い出して。別に音楽の趣味が同じだったわけじゃないんだけど、耳は肥えてたなぁって。なにしろ、ドライブ中のBGMが世界3大テノールだから(笑)
いつかでいいから、父親が教えてくれたいい音楽をうまく自分の中に取り込めたらいいな。

ありがとうね。
実際面識ないのに!!(笑)

投稿: Mr.歌姫 | 2006年8月 2日 (水) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いいなぁ・・。 | トップページ | 日記が »