« 愛 | トップページ | おばに感謝の巻 »

2007年6月14日 (木)

行間を読まない

はぁ~お久しぶりです、毎日更新する予定が、少し家の方がばたばたしてまして(汗)書き出すと書きすぎて時間をとても食うので、ノータッチだったんですが、それより何より、メールやらいろんな返事やらを返してなくてすみません、当事者の方々(複数かよ)、これ書き終わったら(先にしろ)対応します(大汗)だめですね、筆不精というか対応不精でも言うのでしょうか・・・。

はいはい、で、最近思うことです。長いですよ。

行間を読まない人について。いわゆる私の事です(爆)

自分は色々語りすぎるなぁって考え出したら、ここにたどり着いたんですが(汗)

行間を読まない人は、そのまま行間を読まずに終わるか、説明を求めるかですよね。私、後者なんですが、説明を求める場合は自分で考えるのではなく、解説を聞いてなるほど、としてしまう。算数の問題を十分に考える前にわかんないから答えを見ちゃえ、とするようなものです。

自信がないから。自分の考えが「正しい」のか不安であるから。メッセージをくれた側が言うならば、それが「答え」であるだろうから、考えなくてもそれを信じれば、いい。自分は行間を読むのが怖くて、読まないのかないのかなって思ったんです。

でも。そうして得た「答え」は後に自分の体の筋肉になったんではなくて、服やら鎧やらではないか。それに果たして、得た「答え」は「答え」であるのか。はたまた、「答え」自体がある必要はあるのか。う~ん。

確かに行間を読むのは怖い作業ですが、自分で想像する強さをもたないといけないなぁ。

前に、人の意見を認めても鵜呑みにしないぞ、みたいな事を書いた覚えがありますが、なんら成長してませんね、まったく・・ orz

あと。行間を読ませる、というか作るのも苦手です。

伝わらないのが怖くて、多く語りすぎる嫌いがあります。読み手への想像の余地を与えることもないので、随分独りよがりな話ばかりです。伝えるだけで終わってしまう語り。むむむ。

・・・でも。でもね。

最近思ったんです、意外と私のような人が多いのかなって。

別に非難しているわけじゃないです。ただ、行間を読むことが直感の作業なら、人の第六感的な部分が薄れてきてるのかな、それとも、経験値から行えるようになる作業であるなら、経験不足なのかなって。

その作業はまず、直感が働くものなのか、経験値からなのかが、まだ考えきってないのでよくわかりません。今の時点で考えは後者よりですが、複合型か?とも思います。(それとも論理的思考から来る、とか別ものなのかな。)

まぁそれは置いといて。なんで私みたいな人が多いかなって思ったのかといえば、説明を求める場面、求められる場面が多い事に気づいたからです。

政治何チャラの話は~、そりゃぁ明らかにしないといけませんから、むしろ話してください!って感じなのですが、他のことにまで、説明を求める場面多くないですか?

例えば、シンガーに、曲の意図を聞くとかね、う~ん、ナンセンスだなぁと思う時もあるんです。シンガーにとってすれば、いや、そのままどうぞ受け取って下さいとしか本当は言いようがないんじゃないかな、とかね。言わないでいる事を聞かれるなんて、っていう思いもあっちゃったりすんじゃないでしょうか。説明好きな人はいいでしょうけど・・。

前にどなたかの文章でなるほどそうだと思ったんですが、現実と実感の間を言葉で補わないと不安であると感じる世の中になってしまってるとの事。

だからなのかなぁ。みんな何かしらの「証明」が欲しいのかしら。う~ん。自分はそんな気もするかも。

怖いです、なんだか。行間を読ませない、行間を読まない世の中の傾向。そして私。完璧に飲み込まれてるなぁ。

みなさん、いかがです?

|

« 愛 | トップページ | おばに感謝の巻 »

コメント

めっちゃ納得~
説明そんなコトにいらんがな!的なこと多いよね
テレビで無駄に専門家が出てくるのはそのせいだー

私は行間を読みすぎてしまってネガティブになってる気がするー
相手はそんなに考えないで発した言葉なのにね!

行間から、日常のほんのちょっとの隙から優しさの滲み出すような人になりたいねー!

投稿: sayumi | 2007年6月14日 (木) 17時18分

それすごいあるかもー
なんかさ、相手の言ってることを間違えて受け取りたくないから考えるべきところまで聞いちゃうかも・・・誤解するのが怖いんだよね。
学校の授業とか、わかりやすいように間違いのないことをって教えるから、行間を読む事には慣れさせてはくれないのかもね。

投稿: 小春 | 2007年6月14日 (木) 22時00分

行間を読ませない文章を書く人間です(笑)
それは俺が文章を書くこと自体が目的の自己完結型だからかもしれないね。

おれは行間読むの大好きだけどね。
でもそれって多分に主観が入るから、深読みしすぎて誤解が生じたりするんだよね。俺の場合特にネガティブな方向に。

学校の勉強やら受験はいかに相手の言うことを理解し、理解していることを伝えるかだから、行間を読む必要はないんだよね。
答えはどこかに書いてあるし、一方で言葉を尽くして明確に答えを述べなきゃならない。

でも実際生きるのに必要なのは行間…、というか勝手に広げてしまうと空気読むっての?

発信側にしても受信側にしても、自己完結とか独り善がりには終わらない、気の利いた人間になりたいもんです。

投稿: どらふら | 2007年6月14日 (木) 22時39分

>>sayumi さん

sayumiさん!!ほんっとうにごめんなさい、メッセ、どう返すか考えてる内にバタバタしたら忘れてしまってて、この前やっと思い出して今メッセを考えながら書いている途中です・・ orz
本当にごめんなさい!

納得していただいて嬉しいですが、まだ頭の中ではこれがぐるぐる回ってるので、私の中では決着がついていない話となってます(爆)

でも、本当に、今の人は(昔の事は知りませんが)説明好き、説明され好きというか。私なんかも説明され好きなんですが(汗)だから某オバケさんが好きなんだと思いますけど(爆)

本当に思います、sayumiさん、行間読む人だなぁって。だから私憧れてるんですけどね(笑)

ただ、sayumiさんのように、行間読むことでネガティブ思考になってしまいがちになるのは、もったいないことですよね・・。
行間を読んだとしても、感情が左右されすぎるのが現代人なのでしょうか。

なんだか現代人は、感情の触れ幅というか、同じ物でも鈍感な人と敏感な人の感じ方が本当に両極端になっている気がします。

最後の文、本当にそう思いますね。
宮沢りえのCMで「隙のある女でいたい」っていうのがあるんですけど、これすごい好きで。
まず、あったかいものを滲ませられる隙を持ちつつ、人を受け入れられる隙も持ちたいですね。

投稿: Mr.歌姫 | 2007年6月16日 (土) 00時12分

>>小春

小春~~あなたへの返事(?)も返してなくてごめんなさい(爆)もう、ダメダメだ~ orz

うん、そうそう、誤解するのも怖いし、誤解されるのも怖い。

学校の授業のこと、本当にそう思うよ。
間違いなんか、世の中にはいっぱいあるっていうのにね。

後、学校の授業の話が出たからついでにいっちゃうと、私、本来なら、小学校の道徳の時間が唯一、行間を読む訓練がちゃぁんとできるチャンスなんじゃないかなぁって思うのね。
でも、それはちゃぁんと教える側が本当にそれを目指している場合の時だけで。
実際、小学校の道徳の授業は、行間を読むより、先生の求める答えをある程度先にわかっちゃってたから、そういう訓練にはならなかったなぁって思うのね。要は、道徳の授業では、「用意された道徳的答えにどう導くか」っていうのが先生が目指してるところで、「用意された答えにいかに近づくか」が生徒の目指すところになってしまっていたように19の今となっては思うのよ(笑)。ひねくれ過ぎかな?

投稿: Mr.歌姫 | 2007年6月16日 (土) 00時29分

>>どらふら
(私が作ったあだ名を使ってくれて嬉しい♪)

きたな!!(笑)
いやぁ、論理的(あなた)・感情的(私)の違いはあれど、文章タイプは前から似てるなぁと思っていたのですよ(笑)(深みは断然あなたですが)
私もふっつーに自己完結型です(笑)

でも、どらふらって稀有なタイプじゃない?行間読むのは好きなんだけど、自分の隙は見せません的な。
あれ?意外と多いか、このタイプ?(笑)

まぁでも、その行間読むのに主観が入るから誤解が生じるっていうのは納得したわ。なるほどね。

そして、受験とか学校の勉強のこととかについて!本当に痛感してるんですよ~、浪人二年目も伊達じゃない!!でも、それは今捨てなきゃいけない感情なんだけどね(苦笑)どうも、一回思ったことは後までズルズル引きずるタイプだから中々捨てられないで困ってます(汗)

うん、まぁ空気読むっていうか相手の感情の揺れを感じ取ることが大事?な気がするなぁ。
その場は騒ぎたいような空気でもさ、実はそんな事はただのノリだったり(ノることが悪いわけじゃないけどね)、まずそれより、実は静かだったほうがいい場合だっていっぱいあるじゃん。そこら辺、敏感になりたいなぁって思う。

あぁ、でも最後の一文、私も実感しているところです。

投稿: Mr.歌姫 | 2007年6月16日 (土) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/361042/6781629

この記事へのトラックバック一覧です: 行間を読まない:

« 愛 | トップページ | おばに感謝の巻 »