« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月28日 (金)

求めるものはフラットな目線

すぐに更新です。

前回の記事に続いて“悩み”という言葉関連でひとつ、ここを読んでくださる方に伝えたいことがあります。

非常に真剣に、包み隠さず言います。

私の兄の話は、5月だったか愛について考えた日記の中でしました。

その兄にもまぁ関係することです。

*

以前、TVで、身体障害を持つミュージシャンについて、親子愛がテーマであるだろうミニドキュメントがワイドショーで組まれていました。

それが流れた後であるコメンテーターが言った事。私には、どうも腑に落ちませんでした。内容はこうです(一部改めました)。

「この方から何を受け取るかというと、私たちは五体満足なのに、この方に比べればなんて小さなことで悩んでるんだ、という事だ。」

わかる気はします。わかる気はするのですが、どうも・・・。

*

私は、兄を重度の障害を抱えた人間だとは思いますが、不自由・不幸な人間だとは思っていません。

問題なのは、「障害者」という言葉はなんなのか、という事です。

よく考えてもみてください、人生において、障害を抱えたことのない人間はいるでしょうか。まあ、たまにない方もいらっしゃるかもしれませんが。

だから、私も極端な話、障害者なのです。兄は一生をもってしても超えられない障害を人より多く抱えているだけだということなのです。(“だけ”と言っても、彼の持つ障害を軽くみているわけではありません。)

そして、彼は、私と同様、彼のできる範囲で、自由を生き、幸せに生きているはずです。(もし、彼が不幸である、不自由である、と思っているなら、私はそうだったんだ、ごめんね、と謝るしかないのですが)

ですから、私がまだ小さい頃、傍にいる兄を見た知らないおばさんが、かわいそうね、などと言うのがどれほど嫌だったか。

それと、先程のコメンテーターの話は少しですが、似ているのです。

*

どういう事かというと、優しい差別なのです。

思いやりの心や、痛みに同情できる心が、反対に、気づきにくい差別を生んでしまっている、と思うのです。

コメンテーターの話で言えば、「あの方に比べればなんてことない」という、比べても仕方のない「悩み」の深さを比べてしまうこと、「かわいそうね」と言ったおばさんの話で言えば、人の「生」を自分の尺度で、測ってしまっていること・・・。これは、残念ながら実は「障害者」を自分と同じ「人」として見なしてはいないと非常に近いことなのです。

「障害者」の事を差別するまいと思うばかりに、自分より尊い人であるとみたり、反対にすごく弱い人間にみたりしている方はよくいらっしゃいます。

きっと、きっとこうです。

「障害者」は悪い意味でも良い意味でも特別扱いされる事を望んでいるわけではありません。「普通」の人間であるために“ちょうど良い敬いの心”が何より必要なのです。

どうでしょう、私とあなたと同じでしょう?

*

話はコメンテーターの発言に戻ります。

この方の本当に言うべきだったことは。

「この親子の愛はどうこうだ。そして、この方の音楽性もどうこうだ。」

フラットな目線で人と対峙する事が、何より、大切だと思うのです。

ちなみに、私は、そのミュージシャンが「障害」の話を抜きに音楽性で話題に上るようになったら一番良いなと思っています。

みなさんこの折に、何かの縁だと思って、色々考えてみてください。

*

さて、前回の日記は申し訳ありませんでした、本当になんだか心配だけさせてしまって(汗)ありがたいコメントをいただいたので、消す予定でしたが、そのまま、残しておこうと思います。

でも、相当エネルギーを使いますね、悩むのも(汗)

いや、悩みはないと思っているとちょっと前の日記に書いた後、本当に悩みはないのかとある方に聞かれて、どうなんだろう、と考えてたら、意外と長いこと悩んできてることがあったんだなぁと、自覚していなかった悩みが浮き彫りになってきて、結局前回の日記のようになっちゃったんですが(汗)相当ネガティブシンキング向きな人間です(汗)

もちろん悩みは未だ解決していません。そう簡単には解きほぐれてはくれないみたいです。これは、人間関係の問題というより、自分の中でどれほど、自分を受け入れられるようになるかが、鍵のようです。しかも、その鍵を探すにも、幾重にも前を阻む扉を開けていかなけねばならず、また、そのいくつもの扉にも鍵が必要なようです。その在り処を、まだ私は知りません。でも、探します。それでしか、前に進めないから・・・。

変わりたいと本気で思っていない自分がいるのも事実とコメントに書きましたが、でもよくよく考えてみると、やっぱり、その自分が置いてけぼりにならない程度に進まねばならないのです。大げさに言えば、19の私のままで、私はこれ以上何も得ないで人生を終えることになってしまう。それは嫌です。

ですから、自分で、探します。自分で探し当てて、自分を作り上げて行きたいと思っています。一歩ずつ、逸ることなく・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

natural woman

になりたいなぁ。突然なんだ?と思われるでしょうが(笑)

今日は弱音をポロリ(どころか大大大暴露になりました(汗))日記です(爆)

すんごい負のオーラなので、すぐ感化されてしまう方は絶対に絶対に絶対に読まないでください。

・・・そこのあなたとかね・・・。

だからその内すぐに消すと思います。

*

正直、実を言うと、てかぶっちゃけ?(笑)

Who am I ? Where am I? なんて疑問をず~~っと持ち続けてきました。

他人と接するときなんか、接する人によって、「role」を決める感覚であります。

なんというか、接し方が変わるのではなく、人柄がガラッと変わる。

だから、あなたに見せている私と、あの人に見せている私という人はまったく違うのよ?

どれが、私。

「どれ」も私なのは既知のことですが、

どの私も、信用ならないのです。

人と接してる時に罪悪感はないのですが、あとでどうしようもなく後悔する。

後悔するならしなければ良いのに、まるで、そうする事が自分の「role」であるかのように、振舞い続けるのです。

嘘を付くにはいくつもの嘘を付かなければならない状況に似ています。

むしろ、そうですね、嘘を付いてる気がします。

・・・やっぱりわからないや。嘘付いてるのかなぁ?

*

こんな風に考え続けてきたわけです。

今も変わらぬこの嫌~~~~~な癖。荷物。

ある方に、「一番悪い事は気づいていてやらない事」って教えていただいたのですが、

気づいているのにまだできない、というより直そうとしない自分。ごめんなさい。

ここで、こうやって書いてる自分も、「キレイゴトが好きで知ったかぶりな、Mr.歌姫」という「role」で動いているかもしれません。

・・・・ああでも、こんな事を伝えて何になるでしょう。

言って困らせるのはわかっているのに、言ってしまう自己中心的な人間なのです。

私は皆さんを試しているのかもしれません。

そんなひねくれた自分、嫌でしょ?って言って、そうじゃないよって言われるのを待っている、ただの弱虫なのでしょう・・・。

今書いていてひとつ仮説を思いつきました。

前に友達から知らず知らずに離れてしまったり、近くなったと思ったら距離を置いたりする癖の事を書きましたが、化けの皮が剥れて、ひねくれた自分が露になったとき、そんなあなた、嫌だなって言われるのが怖くて、逃げているのかもしれません。

あと、信用ならない自分を信用してくれるような人は、信用できないような気がします。

失礼な話です。でも・・・。ごめんなさい。

愛も、友情もなんだって見返りは絶対求めないと思うのに、私の中の私は、いつだって自分の信用でしか、物事を図れない汚い人間なのです。

「人間失格」の主人公の思いが、こんな読解力でも、なんとなくわかってしまう気がするような、悲しい人間です。

*

答えはわかっているのです。「accept」する事しか、道はない、「natural woman」になるしかないのだと。

でも、私はこの憂いに身を沈めて、浸っていたいのかなんなのか、引き返すにも引き返せず、そこに立ち尽くすばかりなのです。

どうしよう。

これが、本音です。

*

弱音、お~わり。九月は月がまぶしくなってくるからいやんなりますね。

・・・好きだけど・・・。

もし、こんなのを心配してくださった方がいらっしゃいましたら、申し訳ございません。

大丈夫です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

三大テノールと長渕剛とかぐや姫は両立しうる

Luciano Pavarottiが亡くなりましたね・・。ニュースを聞いたときは本当ショックで・・・。

トリノ五輪での『誰も寝てはならぬ』、半音下げていましたし、昔のように軽々と歌い上げる事はありませんでしたが、だからこそ細部にまで注意を払って丁寧に歌い、じわじわと盛り上がっていく様子は、本当に感動しました。

それが一年後には・・・。本当に残念です。

合掌。

さて、Pavarottiに関する(そうでもないかなぁ?)私の小さい頃の思い出を・・。

三大テノールは、父が車に乗る時、よくかけていました。幼心に、三人の中で一人変わった声質のPavarottiに惹かれ、彼の歌う『O Sole Mio』にすごいなぁと思いひそかに真似したり(笑)「お約束的な派手さ」が昔から大好きだったんですね。後は Jose Carerrasはあくが強すぎる!とか何もわかってないマセガキが偉そうに言ってみたり(笑)あ、今はそんなこと全然思っていません、念のため(笑)

また、ドライブ中に掛かる曲はこの他に、父の車では長渕剛「乾杯」がかかったりしました。母の車ではかぐや姫の「神田川」、伊勢正三の「22才の別れ」など、悲しい曲が大のお気に入りでした。

これだけ見ると歳をサバ読んでるんじゃないかと思われそうですが、両親は私と同級生の親御さんたちより10才ぐらい上なので、両親の青春時代の音楽はちょうどフォーク最盛期だったのです。だから神田川(笑) ちなみに、小さい私、車に乗ると、母に「こうせつさん (=神田川)かけて」と言っていたそうです。どんだけ~(初めて使ったwww)

でも、これだけ、全然ジャンルの違う音楽が一人の人間の中で両立しえるのです。自分で考えても、不思議なものです。

そして高校時代は合唱に嵌り、今はSOULやR&Bに興味が沸いていて。さらにカオスと化していく私の中の音楽世界(笑)どうなっていくんでしょうか。自分でも興味深いところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

J-SOUL!

昨日はゴスペラーズメンバー、酒井さん&村上さんがメインパーソナリティを務めるラジオ番組、『On the Album』を、世界陸上4×100mリレー男子決勝(アジア新おめでとう!!!!!!)に気を取られつつリアルタイムで聴きました。(みんな、土曜の夜10時、暇な人は聴こう!)

いつもは一枚の名盤と言われるアルバムを一時間かけっぱなしにして、その上で二人がトークをするんですが、先週、今週は特別プログラムとして、酒井・村上両者プロデュースの、決して発売されることのないコンピレーションアルバムをかけるというおもしろい企画をしてました。

今週は村上さんプロデュース、J-SOULコンピ! (別名、『お友達コンピ』なのだそうな(笑))

やっぱり彼の選ぶ曲、私の肌になじみます。上田正樹さん、SOY SOUL、HUMAN SOUL、RATS・・・あと、ORITOさん!っか~~っ、泣けるわぁ。一回生で聴いてみたいなぁ・・。

ちなみに、最後にかかった、Original Loveの『Farewell Farewell』っていう曲、木下君にぴったりって感じました。彼にリクエストしたい!!

あぁ、でも本当、やっぱり、日本語(人)のSOULもいい!素晴らしい!ってことを再確認。

身近に、素晴らしいものは転がっているね。

*

そう、身近に、って言うので思い出したけれど、ここ最近、日本の歌謡曲って、いいな、って思うようになりました。

派手さより渋み好みになってきた(老けてるっぽいな)私、やっぱり派手さはそれほどないけど、渋みがたまらない歌謡曲は、心にじんわりしみてくる。

大分前に、生誕100周年を記念して、服部良一さんの作った曲を演歌歌手たちが歌ってるのをNHKでみたんだけれど、蘇州夜曲を初めて聴いて、そのバックのオケにすごく感動して。こんなにも、いつまでも古くならないサウンドを創った人が居たんだって、テレビの前で拍手を送ってしまいました。

そしたら、後日、好きなゴスペラーズが服部さんの記念トリビュートアルバムに参加すると言う知らせを聞いて、あぁ、音楽ってつながってるなぁって、さらに感動してしまいました。

*

あぁ、やっぱり音楽ってそれについて話すだけでも楽しい。

今度はオススメ歌謡歌手とか書いてみるか!?(笑)いや~、そこまでの知識は全然ないなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »