« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月19日 (火)

例の

ここで出した「あの」お笑いさん、復帰されたそうです。またニュースで見てしまった(汗)そして我慢できなくてここに来てしまった(汗)

そして我慢できなくて、向こう様に一言書き込みをしてしまった(汗)

まぁ、真剣に言ったから、あの芸人さんも人である以上真剣に受け止めてくれるでしょう。

そう信じます。信じることが大切だ!お~!!

ということで(?)、例の受験、そろそろです。

だ~信じることが大切だ~!お~!

でもやっぱりちょと辛いじょ。

がんばるじょ。

負けるな。

じょ。

・・・

明女の「じょ」?

みんなのハグアンドキスが欲しいじょ。

・・・

ハグはホントだけどキスはうそだじょ。

じょ。

涙ちょっぴり流してがんばるじょ。

泣いたら二重になって戻らないじょ(汗)

I love you,ALL!だじょ。

・・・

わけわかんなくなってきた!だぁ!

三月、みなさんに報告しますので、ちょっとお待ちください。はい。

Love.

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

Happy Valentine's Day

きょうはチョコの日(日本限定)ですね。高校時代はみんな女の子なので贈りっこ(っていうか配りっ子)しているようでしたが、私は作るのが大の苦手なのと正直面倒なのとでもっぱらもらってばっかりでした(爆)みんなのチョコはおいしかった♪女子高でよかったですw(ぇ)

今回はチョコ売り出し中に外に出なかったので、雰囲気に当てられるとか(笑)そういうことはなかったんですが、やっぱりいいなぁ、ちょっとはあの色めき立つ雰囲気とかなんだかニヤニヤしてしまう雰囲気ってやっぱりちょっと楽しいよ。会社勤めの女性たちは大変そうだけれど(汗)

いいなぁ。甘酸っぱい気持ち、久しぶりにしてみたい(笑)

誰か~、私の有り余ってる愛を受け取ってくれる人は居ませぬか~!!(笑)

あ、ちなみに、バレンタインデーにお勧めの曲はベタだけど、『My Funny Valentine』。

Frank Sinatra (GrammyでのAlicia Keysとのコラボ、ちょっと見ました。えがった。。。ていうかAmy Winehouse、だいぶ前から注目してたのでなんだか嬉しいです。rehabかっこいいよなぁ。悪女な見た目(!!)にも感じにもついつい引き込まれてしまう。アルバム買わなくちゃ。。あ、さかいゆうさんのアルバムも(激pushです)。。。) の歌ってるのも好きだけど、Sarah Vaughanが歌ってるのをが、大好きです。前YouTubeでItariaで歌ってる映像を見つけて、うわ~~~~って泣いてしまいました。それから、Jazzはあまり聴いたことなかったんだけれど、Sarah Vaughanが大好きになりました。(そういえば、彼女の歌、だいぶ前から車のCMに使われてますよね。いい感じ♪)

なんかずいぶん話が飛んでますけど、その、『My Funny Valentine』、詞が粋でして。知らない方はちょっと検索してみてくださいね。

バレンタインデートの帰り、彼に車で送ってもらうときに、そっと流して「私こう思ってるわ」なんて言って別れたら、かっこいい女性だなぁと、私は勝手に思うのですが(笑)

あ、彼がかっこいいなら使えないか!?!?

*

さて、しばらくまた更新は途絶えると思います。

でもまぁコメントやメールはお待ちしてますのでどうぞ(←寂しいから(笑))

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年2月 1日 (金)

子守唄

19にもなって恥ずかしい話ですが、告白してしまうと、眠れない時兄の寝顔を見に行きます。

さっきもそんな風に兄の顔を見に行きました。ところが兄はじっとしながらも目をパチッと開けて起きていました。まだ起きるには早いので隣に横になって、布団から出して冷たくなってしまっている彼の手を握って小さな声で話しかけます。それは後で冷静に考えると寝付けぬ我が子に父母がするのと同じ動作。やはり前に書いたように、私は自分の子であるような錯覚をしているのでしょう。

しばらくしても目をばっちり開けているので、即興で子守唄を歌ってみる。握っている手を胸にポンポンするようにしてみる。するとすぅっと、眠ってしまいました。

ただ、少し予想外のことが起きてしまいました。変なことに、私は自分で作ったへんてこ子守唄で泣けてきたんです。

もしかしたら、世の中のお父さんお母さんはこんなにじんわりした気持ちで子を見つめて子守唄を歌っているのかもしれない、と思いました。

そんなじんわりした気持ちから短い詩をひとつ。

*

海の男が波に生を重ね  山の女が木々に思いをなぞらえる時

私はなにで ものを喩えよう

代わりに一滴の白湯になりうるならば お前を眠りへ誘(いざな)えるのに

それもできないこの心には ひとつの唄が浮かぶばかり

“遠くのお宙も寝ているよ お前も一緒に寝てごらん”

古いめろでぃに想いを乗せて そっと歌う子守唄

お前のつぶる眼(まなこ)の裏へ 少しばかり届くぐらいに

*

さて、私は今から少し寝てみます(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »