« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月19日 (金)

ときめく。でも、悶々とする日々。

先週は木下航志さんのライヴに、そして今週の木曜は、朝崎郁恵さん(後で詳しく説明します)のライヴに、そして明日は、SOUL POWER TOKYO SUMMITと、ここのところライヴ三昧です。

木下航志君はあいも変わらずはっとさせられる瞬間を与えてくれます。キーボードも変わってきているし、本当にこのまま突き進んでいって欲しい。そう思える尊敬するアーティストです。

それにDo the Soul! という事でSoulのナンバーがとても多いのが、私にとってとても嬉しいところで・・。本当に勉強になります。

それで、朝崎郁恵さん。初めてこのブログに書きます。

多分そんなに知られていないとは思いますが、私のもっとも尊敬する歌い手の一人です。とても特別な存在。

私の両親の生まれは徳之島というところなんですが、朝崎さんは徳之島のお隣、奄美大島の出身でいらっしゃり、奄美の伝統的・土着的な島の唄を唄い続けてこられました。

それで、ちょっと変わっていて、伝統的スタイルの、三線(さんしるってよみます。蛇皮線(じゃびせん)とも。しゃみせんの類ね)をバックにした演奏ではなく、ピアノをバックに、つまり、西洋音階をバックに演奏されます。

これが、なんとも言えずぴったりで、幻想的で。音をガンガンに外すのですが、それがどうのこうの言うような次元じゃぁなくって。

島の唄特有の節回し、裏声の多用、独特なリズム感、と技術的な面でも本当に勉強になって、楽しいのですが、技術うんぬんを忘れさせられてしまう。

あの人の世界が、あの人の音楽が確かに存在し、そして一瞬にしてその世界に引き込まれるのです。

今回初めて朝崎さんのライヴに行きましたが、行って本当によかった・・・。

これまで私がいったライヴの中で、一番、演奏者側の世界がくっきりと見えた、ライヴでした。すごく集中できた。

なんだか巫女さんみたいだった・・・。

徳之島の唄と奄美大島の唄はとても似ていて、家柄、小さい頃から、まぁ地元の人よりは断然少ないのですが、島唄に触れてきた身に、自然と、入り込んできます。

でも、島出身の人じゃなくても、必聴です。

もうちょっとながく島唄の事について書きたいのですが、それはまた今度。長くなりすぎるから(苦笑)

で、明日。SOUL POWERですよ、お祭りですよ!

楽しんで、勉強してきます。一秒たりとも逃すものか~~!!!!

*

というわけで。

ライヴを見ていると、やっぱりときめくわけです。音楽って素敵、あぁいう音楽できるなんて!って。

でも、それにすご~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~く遠い位置にいる自分がよりはっきりと見えて、同時に深く悶々とします。

あ~、夢って恋と同じだわ。

打開策は、私の中にある。けどまだ動けない・・・。

何事もあせらずに・・・でも、動いてない自分が歯がゆくって歯がゆくって。悔しくって悔しくって。

まずは現実的に。音楽勉強します。早くお金ためます。がんばろ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »